クランクとBBの交換

クランクとBBの交換

クランクとは、ペダルがくっついている柄の部分のことを指すが、左クランクはチェーンリング(いわゆるスプロケット)とくっついているのでチェーンリングと合わせて広義にクランクと呼んでいるようだ。

左右のクランクは、フレームはまっているBB(ボトムブラケット)に左右から接続して回転トルクをチェーン→タイヤへ伝える。

ペダルを回したときのカタカタ音とか、ギシギシ音などはクランクの締め付けやBBのグリスアップ、ベアリングのグリスアップ、ペダルの締め付け、サドルの締め付け等で大体は改善する。リアのベアリングの清掃とスプロケ清掃でカクカクが取れた経験もあるので、それも合わせて試すと良い。

クランクのサイズと種類

クランクを選ぶ時はスプロケットのサイズや枚数はもちろんのこと、PCD値にも注意する必要があります。(PSD値とは

スプロケットを固定しているネジの位置を結んだ円の直径を示すPSD値は、ダブル歯の場合はインナーの直径(130mmや110mm)を示しますが、トリプル歯の場合はセンターとインナーの直径(130/74mm等)を示します。ダブル歯で言うインナーの直径が130mmのものをノーマルクランク、110mmのものをコンパクトクランクと呼んでいて、コンパクトのほうが最小歯数を少なく設定することができる反面、コンパクトクランクには大きなスプロケットを取り付けることができなくなります。

BBのサイズと種類

サイズに関しては、BBのシェル幅を68mmか70mmどちらか、自分のフレーム(OCR3なら68mm)に合ったものを選択するのでOK。スクエア等の軸が飛び出ているタイプでは軸の長さもいくつか選べるのできちんと合ったものを選ぶ必要があります。

BBにはいくつかの種類(BBの種類)があるので注意する必要がある。

1、スクエアテーパー(四角軸)

スクエアテーパータイプのものは、大きくカートリッジタイプのものとカップ&コーンのものの2つがあります。(カートリッジタイプとカップ&コーン

カップ&コーンタイプは、シャフトとベアリングを切り離すことができるタイプ。シャフトとは左右のクランクをつなげる棒の部分のこと。ベアリングとはシャフトが回転するときに摩擦抵抗を少なくするためにシャフトのまわりを囲む金具で、摩擦抵抗を極力少なくするためにローラーが入っていることがあります。

カートリッジタイプは、シャフトとベアリングが一体になっていて切り離せないタイプ。OCR3とF20-RCはこのタイプ。
とはいえ、切り離せないはずのカートリッジBBを無理やり分解している人もいますのでやってみるのも良いでしょう・・・。(カートリッジ式BBの分解

2、オクタリンク

タイプ的にはカートリッジタイプだが、シャフト軸の太さと、シャフト軸の先端が四角ではなく八歯(オクタ)のセレーションを使用しています。

3、ホローテックⅡ

ベアリングがシャフトを全て覆い隠すタイプ。シマノの105以上のBBは全てこのタイプとなるようです。クランクももちろんこれに対応したもの(右クランクがスプロケットだけでなく軸までセットになったもの)を使用しなければなりません。

BBとクランクの着脱

1、スクエアテーパー(四角軸)

カップ&コーンの化粧カップを外す工具はペグスパナなのかな?また、少なくともOCR3に関して言えば、カートリッジの化粧カップを取り外すための工具はアーレンキーである。詳しく調べていないのでわからないけど、BBのタイプが同じであったとしてもカップの形状が違うようなので自分のクランクを見てから工具を選んだほうがいいかもしれません。

化粧カップを取り外しただけでは、クランクとBBを切り離すことができません。完全に切り離すためには、クランクコッタレス抜き工具を使用します。シマノ純正のものとジェネリック品を比べると1000円以上の差はあるものの金額ほどの差はないようです。

クランク抜き工具でクランクとBBを切り離したら、今度はBBをフレームから切り離すための工具を使用します。カップ&コーンタイプはフックレンチにて取り外し、

カートリッジタイプはカートリッジBBツールなるものを使用します。ハンドル一体型の商品もありますが、カーボンフレームを使っていたり、きちんとしたトルク(50-70N・m)で締め付けたい人はハンドルがついていないものを買うといいかもしれません。レビューからは一体型のものの柄が折れたという情報もありますし、ソケット部分を買って、24mmのレンチ(モンキーでも可)か、差込角が12.7mmのソケットレンチ(車のホイール外すトルクレンチでいいかと)で外すほうがいいと思います。

カップ&コーンタイプの着脱方法は、こちらのサイトで解説されています。カートリッジタイプの着脱方法は以下の動画にて。BBの取り外しネジは右ワンが逆ネジになっていることに注意します。

2、オクタリンク

オクタリンクの脱着方法は上記カートリッジタイプとほぼ同じです。コッタレス工具も八歯セレーション用のコネクタが付いているらしいの問題ないかと思います。

3、ホローテックⅡ

このタイプは上記2つとは全く異なった形状でして、取り付け方も取り付け工具も全く異なります。

工具としては、クランク取付工具]とロックリング取付工具の2つは必須となります。種類は色々ありますが、値段はもちろんのこと、柄の長さをどうするかとか、トルクレンチで回したいとかレビューを見たりして決めるといいと思います。左クランクの締め付けが甘いと外れることもあるようです。

以下の動画や、ここのサイトを参考につけると良いでしょう。

自分メモ

OCR3(2004年式)のクランクはTruVativ Touro, 30/42/52 teeth、最初のTruvarivとかは社名で、長さはクランクに刻印されていて170mm。BBはSealed cartridge、つまりカートリッジタイプ、BB Shell Width(シェル幅):68mm。

105以上のホローテック2BB対応クランクに変えると、STIレバーやチェーン、後輪スプロケ、前後ディレイラーを変えないといけないのでそれだけで、3万とか、いやもっとかかりそう。

以下シマノクランクのスペック。ワールドサイクルのクランクより引用。


(SORAクランク)

(ティアグラクランク)

(105クランク)

(アルテグラクランク)

調べてみると、3×8sのクランクがどこにも売っていない(H25.8現在)ので、クランクとBBだけ変えたくても変えられない事態に陥りました。BBだけであれば3000円とかで買えるようですが。

結論、OCR3の場合、BBの交換はしても、クランクの交換をする時期になったら新しい自転車を買ったほうがいい。

OCR3のクランクとBBの交換

以上を踏まえてクランクとBBを交換はせず、分解・清掃に留める。

用意した工具は、


(カートリッジBB用ソケット←このソケットはグラグラするのでPWTのの方がいい)


(コッタレスクランク抜き)

の2つです。共に1000円もしないで買うことができます。

これらの工具を使う前に、中央のネジを六角レンチにて取り外します。左右ともに正ネジです。

このネジを外しただけではクランクをBBから抜き取ることができませんので、ここでコッタレスクランク抜きを使用します。先端の金属部分は磁石でくっついているだけなので取り外しておきます。


(上の金属部分を外す)


(クランクにねじ込む)


(手でねじ込んだ後、モンキーなどで軽く増し締めしておく)

コッタレスクランク抜きがセットし終わったら、シルバーの部分をレンチで回します(緩めるのではなく、締め込み)。するとクランクがBBから外れます。


(外した様子)

続いて、カートリッジBBソケットをBBにセットします。

適当なレンチを使って回していきます。右部分(スプロケット側)は逆ネジなので右まわしでゆるめます。


(今回は24mmめがねレンチを使用)

すると、なんとなんと、右を外しただけで左を緩めることなくしてBBが取り外せたではありませんか・・・。こんなんでいいのかおい。あとで、動画を見なおしてみたら左ワン→右ワンの順に外しているみたいなので、右から先に外したのがまずかったかようです。


(右側面とBB)


(左側面とBB)

BBは錆びるとまずいらしいので、グリスを塗布します。

今回用意したグリスは PARKTOOL(パークツール) ポリリューブ1000 113g・チューブ入という商品。

フタを開けると、穴が履いてないし・・・。

ググって調べるもすぐに情報がでなかったので、やむなくキリで穴を開けました。

グリスを塗り終わったら取り付けの逆の操作をしますが、クランク抜きは使わず、六角で回すネジを閉め込んでいけばOK。

F20-RCのクランクとBBの脱着

BBの清掃も兼ねて脱着してみる。

チェーンを内側に避けた後、アーレンキーで両側のネジを外す(共に正ネジで左回し)。


(右側面をはずしたところ)


(コッタレス工具を差し込んで回す)


(するとクランクが外れる。もう片方も同様にして外す)


(OCRは楽に外れたがこっちは全く外れない。。。カートリッジBBツール 22-701はぐらぐらして力が入らなず少し舐めてしまったため、別なものを購入して足で乗っかってようやく外れた。こっちは逆ネジ右回し)


(おなじPWT製なのでコネクト部分は全く同じ。22-701よりもグラグラしないので力が入る。柄付とソケットだけのものどちらがいいか。力をかけたいなら柄付をおすすめする。ソケットだけのものをめがねレンチで回すことも可能だが意外と力が入らない。)


(BBはスクエアタイプだった、RPMの7420 BC1.37×24 シェル幅68mm 軸長103mm(軸長実測106mm位?)、7420ALだと軸長が110.5mm、7420STは軸長116mm)


(結局3つも買ってしまった。)


(もう片方も同様にして外す。正ネジ左回し)


(こっちがやや舐めた方)

あとはグリスを塗ってBB、クランクを再度付けて、アーレンキーを強く回して固定して終了。

続いて、リアのフリーハブを分解。

ハブを分解のときには、普通のスパナだと幅があって上手く回せないことがあるので、ハブスパナを使用する。ダイソーにも売ってるらしいが、アマゾンで買った。

スプロケットを外した後、スプロケットがささっていない方のナットをハブスパナを使って回して緩める。

下写真のように反対側を抑えながら回すのではないので注意。

ナットが緩んだら、手で回して外す。

玉押しのナットはきつくしまっていないので、手で緩めることができる。緩めてとりはずすと、ボールが出てくるのでこいつを取り出して掃除する。

反対側のシャフトも抜いてしまう。

ここの掃除は中性洗剤でなくても、普通の速乾性のディグリーザーでいいようだ。

掃除したらグリスを塗り直してから、球を溝に入れ直して、

シャフトをさして、ナットを締めて終わりと行きたいところだが、ここで少し注意することがある。

下の用な感じというか、スパナを使わずに手で回すんでいいんだけど、シャフトが引っかからずに回るようにナットを締めなければならないため、ただ力を入れて締めればいいっていうわけでもない。

引っかからずに回る程度の強さで玉押しナットを締めたら、下のような感じで緩めたときと逆に回して締め付ける。

っていうか、これについては、あさひのハブのグリスアップのサイトと動画がわかりやすい。

コメント

  • […] 4 ) クランク交換 クランクは、長さ170mm が標準装備されている。 程度の良い中古品を見つけたので、165mm に交換。 […]

    2016年5月17日3:10 PM| ミニベロ プチ改造 ~ 2 – Catalina Day Dream

  • コメント失礼します。
    自分のクロスバイクが8速だけなんですが、フロントギア?をつけようと思い、3速か2速のにしようと思うのですが、
    そのギアを選ぶ際にこのギアは合わないとかはあるのですか?

    自転車ど素人で、自転車屋に行ってもすごくかんじが悪くなかなか話にならなく、質問させていただきました、、、

    2016年7月11日9:59 PM| トゲピー

  • トゲピー様
    はじめまして。
    自分は前とっかえの経験がないので、参考までに。

    Fギア(クランク)部分を変えれば、それにともなって、他のSTIレバーやFディレイラー、チェーン、BBも変える必要があり、
    https://goo.gl/fE8CCQ
    また、Rディレイラーまでもを買えなければならない場合もあります。
    https://goo.gl/sc3zHW

    なんとかついてしまう場合もあるのでしょうけど、、、とにかく互換性がないものを交換することは個人的にはお勧めできませんね。

    2016年7月12日10:48 AM| 管理人tera

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。