Bluetoothイヤホン(Bluedio Q5)のレビュー

Bluetoothイヤホン(Bluedio Q5)のレビュー

スマホやIphoneからイヤホンをのばして音楽を聞きながらジョギングする人はたくさんいると思う。

自分はipod shuffle(小さいやつ)を帽子のつばに挟んで走っている。そしてiphoneもタイム計測とかのために別にポケットに入れている。

音楽を聞くことのできる端末を2つも持って走っているというのは、そもそも早く走ることにおいてはデメリットでしか無いわけだが、それ以前にコードが邪魔すぎてコードの重さをもろに受ける側(自分は右)のイヤホンがちょこちょこ落ちてしまってストレスが溜まる。そんなんで、いつも片方の耳だけで音楽を聞いていたわけだ。あたかも片方は安全のためにイヤホンしないとばかりに。

前置きはさて置き、apple watchが4/24だかに発売で、bluetoothのイヤホンの使用感くらい知らないと時代の波に乗り遅れるだろうということで上記理由と合わせて購入してみることにした。

bluetoothにも4.1とかの規格があって電波強度とかか色々違いがあるみたい。とりあえず新しめのものを選んでおけばいいだろうということで以下を購入。

Bluedio Q5 スポーツ BluetoothイヤホンBluetooth4.1 ヘットセッド ヘッドホン ステレオ ワイヤレス (緑)

執筆当時の人気イヤホンは、耳にかけられて、コード部分に芯が入っているようなもので1万円弱する物(上のイヤホンは2700円)。

箱を開けると充電ケーブルとイヤホンが入っている。

イヤホンは充電池が内蔵されているため普通のイヤホンのヘッド部分よりも大分大きい。耳に入れる防音のゴムは普通のイヤホンと同じように3つの大きさのゴムと、あと嬉しいのが耳にかけるというか、耳部分にきちんとフィットさせるゴムが入っていることだ。

充電は下写真のような形で行う。青いLEDが点灯していると充電している状態、消えると充電終了だそうだ。充電時間は1.5~2時間。

充電端子が付いている側のイヤホンで音量調節や電源のオンオフを行う。

耳ズレを起こさないための白いゴムをつけると下写真みたいになる。

んで、片方のイヤホン中央の緑ボタンを長押ししてブルーのLEDを点灯させている状態で、以下のようにiphoneのbluetoothをオンにすると、自動検索でQ5を選べるので、こいつを選んで接続すると晴れてイヤホンを使用することができる。

音質は全く問題ないレベルだと思う。

2015年3月31日11:08 PM | カテゴリー: コンピューター | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。