Mouse without Bordersの導入とWin10のClean Install

Mouse without Bordersの導入とWin10のClean Install

投薬台の電子薬歴PCをネットに繋いでいたのだが、会社の方針でネットを繋いじゃダメってことになったのが事の発端。

でも、投薬台でネットが使えないのは非常に不便なので、いくつか候補(おおまかに以下4つ)を検討する。

  • 携帯(Iphone6s)で頑張る
  • 別にノートパソコンを設置する
  • タブレットを別に買って頑張る
  • デスクトップPCをもう一台置く

携帯で頑張る

Wifi環境なので、速度とかお金は問題ない。ただ、画面が小さすぎる。
薬歴PCから出力したPDFなどのデータを加工するのにわざわざクラウド経由、もしくはメールで受け渡さないとならない。
Word、Excel、HTML、PHP、C、Javascriptetc…を打つのはやはりキーボードでなくては。閲覧するだけならこれで問題ないんだけどね。よって却下。

別にノートパソコンを設置する

画面を大きくするほど前にキーボード部分が飛び出てくるのでヘタしたらデスクトップよりスペースを取るし、キーボードが打ちづらいし、同じコアでもデスクトップよりも性能面でどうしても劣る。
壊れてもデスクトップのように部品交換で気楽に対応できないのが不便ってのもある。
持ち運びしやすいから投薬台以外でも使う機会が多い人にはメリットか・・・。

タブレットを別に買う

ipadProは大きすぎて持ち運びしにくいという声が多いから、買うとすればipadAirか。
今月3/14あたりにipadAir3の発表があるとかないとか。
Wifiモデルでも7万とかする。値段の敷居が非常に高い。
Surfaceは取り外せるキーボード付き(ipadもキーボードはつけれる)だが、キーボードつけるならノートを選べと。現段階では中途半端感が否めない。
KindleFireはやや画面が小さい、その割に重い。ブラウザがsilkしか使えない。Wifiなのにさくさく動かないブラウジング。

デスクトップPCをもう一台置く

悩むより動けで、ひとまず家にあるサブデスクトップPCを持ってきてどうなるかを検討してみる。

問題はキーボードとマウス、モニタをどこまで共有させるか。

  • Mouse without Bordersでキーボードとマウスのみ共有させ、2つのPC同士の画面移動もできるようにする(無料)
  • パソコン自動切替器でキーボードとマウス、モニタまで共有させ、その切替を切替器のスイッチひとつで行う(有料)

といった方法があるのではなかろうか。

ただにこしたことはないので、Mouse without Bordersの導入の線で行くことにした。
このソフトはMicrosoftが出しているという安心感もある。

導入の説明は上記リンクが詳しいので参照すると良い。ここでは簡単に述べるに留める。

リンクさせるPC同士のサブネットは同じでなければならないので、必要に応じてIPを変えておく必要がある。問題は、1台のPCで複数のIPを使用している場合(有線と無線同時使用の自分のケース)だ。
両方のPCが無線+有線だとうまくリンクできない。片方有線(192.168.1.2)、もう片方有線(192.168.1.3)+無線(192.168.11.2)だとリンクできた。
こんなめんどくさい方法を取っているのは、薬歴PCをネットに繋いじゃダメだよってことだから、192.168.1.のIPはクリーン、192.168.11.がネットIPというふうに分けているに過ぎない。これでいいのかは未だに不明。
以上を踏まえたうえで導入。

1、薬歴PCに上記ソフトをインストールし、インストールが完了した時に表示されるyes/no画面でnoを選択、セキュリティコードとコンピューター名をメモっとく。コンピューター名はシステムから変更可能なやつ。

2、サブPCをひとまずネットに繋いで同じソフトをDL後インストール、yes/no画面でyesを選択、さっきメモったセキュリティコードとコンピューター名を入力する。
これでSuccessとでてリンク完了。(Win7とWin8のリンクは確認済み)

3、左上の画面で薬歴操作をして、左下の画面でネットを閲覧、必要とあらば、右上の画面を患者に見せるという設定にする。

これをMouse without Bordersの設定で実装する。

設定のTwoLowにチェックを入れれば縦の移動もできるようになる。

で、完成。

Windows10のクリーンインストール

サブPCはスペック的には悪くはなかったものの、HDDだったので起動が遅いし、何やるにも遅いので、SSDへ変更。HDDはDとEドライブで使うことにした。

Windows10のインストールはそのついでと言ってもいい。
先のソフト同様、ググればこのようなサイトが出てくるんで、これ通りにやればいい。

1、Windows10用インストールCDやインストールUSBを作成する。(Microsoftのサイト
実際問題、容量が足りてるUSBを使って起動ディスク作ろうとしたが2度失敗したため、DVD用のISOイメージを作成する方法に切り替え。吐き出されたISOイメージをWindowsの機能(右クリから)でDVDへと焼き付けて起動ディスク完成。この起動ディスクはどのPCでも使えるので1つあると便利。

2、プロダクトキーを確認する。インストールDVDを入れたあとに入力するプロダクトキーはWinのCDのキーじゃないので、予めクリーンインストール前のPCでプロダクトキーを確認しておく。(Windows10 Product key viewer
サイトに飛ぶとWindows9?って思うがこれで間違いない。Download Nowをクリック、softpedia secure downloadsだかってのをクリックすればおk。

3、そしたら晴れてクリーンインストール開始。DVD入れてプロダクトキー入力して、インストールするドライブ選択して(ここでフォーマットできるんで複数ドライブ作りたいならHDDやらSSDを何個かマザボに繋いでおくと良い。)、あとはさくさく進む。1時間はかからない。

4、しばらくたつと、ライセンス認証の画面がでたような。その時のキーはCDのキーだった気が。わすれた。

以上で終わり。

2016年3月3日9:50 PM | カテゴリー: Web制作の健忘録 | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。