クレジットカードの比較

クレジットカードの比較

支払いのほとんどをクレジットカードに頼り、携帯同様クレジットカードのない生活はもはや不可能といっても過言ではなくなくなっている。

その一方で、複数の会社(三井住友、イオン、楽天他)が、複数の国際ブランド(Visa,Master,JCB他)のカードを販売しているので、何を使えばいいのかがわからなくなってしまうのではないだろうか?

未だ結論は出ていないものの、まぁこんな感じがいいんじゃ?的な考察を以下に述べてみる。

国際ブランド

JCB、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレスは、加盟店に対して決済システムを提供する会社、その際、決済金額から業種により1~7%ほどの手数料を取って利益を上げる。

利用する店がこれらに加盟していないと使えないため、加盟店加入率の高いカード(Visa > Master > JCB)を選ぶと良いとされる。海外に行くならVisaかMasterがよいというのが定説。

カード発行会社

カード発行会社と契約することで、そこを介してVisaやMaster等で決済できる。どのカード会社がベストかは生活スタイルによって異なる。

100円で1ポイントとか1000円で1ポイントとか、会社によりポイント獲得数が異なる上に、100ポイントで5000円分の商品券と交換とか、交換できる品物により交換レートも異なるため、最終的にほしい商品ないしTポイントやIDポイントなどのお金としてすぐに使用できるポイントへの還元率を調べて比較するとよい。

電子マネーも使えたほうが何かと便利なので、よく端末で見るID、楽天Edyはいいかも。Suicaはいちいちチャージしてからじゃないと使えないので面倒。

楽天カード(一般)

年会費無料、VISA Master JCB、還元率1%(100円で1ポイント貯まり、1ポイント1円として楽天で利用可能)。

楽天で買い物するとポイント4倍、楽天Edy(カードに付帯のためおサイフケータイやアップルペイを使用できなくても使える)でポイント2倍等、とにかく楽天をたくさん利用している人に最もおすすめのカードと言える。

楽天は利用しないので自分的には却下。

セゾンカード(一般)

年会費無料、還元率0.5%(1000円で1ポイント貯まり、1ポイント5円のAmazonギフト券やWebmoney等に交換可能)。

ポイントが永久不滅であることと、西友・リヴィン・サニーで特定の日に5%割引位しかメリットなしのため、却下。

ライフカード(一般)

年会費無料、還元率0.5%(1000円で1ポイント貯まり、1ポイント5円のギフトカード・図書カード・QUOカード・JTBトラベルギフトカード等に交換可能)。

誕生日月にポイント5倍になる位しかメリットがない。却下。

イオンカード(一般・Suica一体型)

年会費無料、還元率0.5%(200円で1ポイント貯まり、1ポイント5円としてイオン商品券等に交換可能)。

買い物や映画含めイオンをとにかく利用する人にオトクなカード。suica一体型のカードは残高0円になると、改札で自動3000円チャージされるので大変便利。

別にIDもつけれるが、これはカード一体型ではなく、おサイフケータイやアップルペイ機能を持つ携帯電話を持っている人しか使えないので、そこが不便。でも持っているなら携帯があればコンビニでの決済もアプリ起動なしでもチャリンで終わり財布が必要なくなる。

自分は自動チャージのSuicaとしてと、映画見る時割引できるカードとしてのみ使用。

三井住友VISA(ゴールドカード)

年会費1万円(マイペイすリボ契約、Web明細で4000円)、還元率0.5%(1000円で1ポイント貯まり、1ポイント5円のIDバリュー等に交換可能)。

マイペイすリボ契約は無料ですぐにできて、通常自動的にリボ払いにはならない(つまり一括)ので手数料を取られるわけではない。そう思えばこの年会費でゴールドを手に入れれるのは安いほうかも。

三井住友のカードなのでカードにIDが付帯できるのが便利。ゴールドなので自己満できる。ラウンジ利用可能(自分だけ)。家族カード無料。300万まで1度に利用可能(通常は50万とか)。

ゴールドでも還元率が高くなく、頻繁に海外にでも行かない限り、これと言ったお得感はない(海外保険とかついているため)。

このカードを3年使ったが6000P、つまり600万円使ったけど、ボーナスポイント併せて7200ポイントほどで36000円程度しかもらえない。3年分の年会費12000円+税を差っ引けば23000円程度の儲け。。。

アメリカン・エキスプレス(スカイ・トラベラーカード)

年会費1万円、還元率2%(1マイル2円として、100円で1ポイント貯まり、1ポイント1マイルに交換可能)。

1マイルの価値は各航空会社により異なる上、飛行機なんか大体の人はツアーで行くんだろうし、マイルを使う機会なんかそうはなんでなかろうか?

ANAのマイレージカード作って、そこにポイント交換で取得したマイルを移行し、そこからANAの航空券を・・・となる場合でも、格安航空券を手配するならマイルは使えない?だろうし、利点は仕事で海外出張が多く、支払いを自分のカードで建て替えられる人位なのでは?

一度作ったが、1年で解約したカード。

Amazonマスターカード(ゴールドカード)

年会費1万円(マイペイすリボ契約、Web明細で4000円)、還元率1%(Amazonでの買い物なら100円で2.5ポイント、それ以外なら100円で1ポイント貯まり、1ポイント1円分としてAmazonの買い物に利用可能)。

三井住友Visaゴールドカードと基本的には同じでラウンジ利用、5000円分の海外・国内旅行傷害保険付帯。IDも使用できるが、これはカード一体型ではなく、別のID専用カードとなってしまうのが不便、家族カードも三井住友Visaと異なり作れない。両方持っていると、同じログインID、同じVpass管理画面で2枚のカード切り替えで操作する。

MasterCardの一択でVisaは選択できない。

持っていればAmazonプライム会員(3900円分)としても適用されるので、プライム会員の人は入ったほうがお得。

自分はAmazonを多用する上プライム会員だったので、三井住友Visaゴールドを解約しこちらに切り替えて運用中。仮に600万Amazonで買い物してたら15万ついてたわけだ。

その他

青山カードとか銀行のキャッシュカードとクレジットカード一体型とか各ショップ独自のカードとにかく色々あるけど、カードの特典を効率よく利用して得ができれば複数持つこともメリットだと思う。

2017年1月26日1:00 AM | カテゴリー: 体験記 | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。