パパの育児・子育てメモ

パパの育児・子育てメモ

(記事は現在進行中で未完成。育休終えたら完成予定、随時追記)

パパの育休取得率は約3%と言われ、97%は仕事をしながら育児を手伝っているのが現状である。
そして、仕事を終えて疲れている状態でもママが大変だからと育児を手伝う。ところが、手伝っているのにもかかわらず、ママはパパに文句を言う。すると、パパは嫌になってしまい余計にやりたくなくなる。すると余計にママがイラつく・・・繰り返し。

Googleで「育児 旦那」や「育児 夫」で検索すると、いらないとか、邪魔とかがドロップダウンリストに表示される。それでもパパはママを怒らせないために育児をがんばるのだ。

前置きが長くなったが、以下、管理人が初めて育児・子育てを経験した上でここが失敗したとか、こうしておいてよかったとか、まぁいわゆる体験談を記していこうと思う。

妊娠中のこと

日付 イベント
2017.3.9
2ヶ月目
妊娠の可能性
ママ、腹痛があるが生理が来ない。食欲上昇、眠気。

生理前は高温期、排卵で一瞬体温が下がり、その後また上がる、妊娠しなければプロゲステロン下降により体温下降、していれば高温期維持
2017.3.10 妊娠検査陽性
不安で泣き出す。産婦人科を調べる
2017.3.11 産婦人科初診
妊娠4w3d、予定日11/15との診断。
ただし、この時点では胎嚢が確認できなかった。心拍もまだ確認できないので、流産(15%)や子宮外妊娠(1~2%)の可能性も考えて不安に。単なる早いだけであることを祈る。
妊娠4w~7wは絶対過敏期(器官形成期)、妊娠7w-12wは相対過敏期。絶対過敏期は薬の使用は避ける。
2017.3.12 妊娠初期は葉酸、鉄、カルシウムを摂取する必要がある(葉酸は妊娠15週まで、鉄は中期~後期に特に必要)ため、ひとまずママは葉酸飴を舐めだす。バナナやきのこも葉酸が入っているのでいい。

妊娠初期(0-12w)は鉄が1日10mg、葉酸が400μg、カルシウムが650mg位必要、妊娠中期~後期(12w~ラスト)は鉄が1日20mg、葉酸は半分でもいい、カルシウムは同じ量なので、この必要量を参考にサプリで補う。
ピジョン サプリメント 葉酸カルシウムプラス 60粒入

カフェイン摂取を意識し始める(胎盤血流量低下)→コーヒー、烏龍茶、緑茶、コーラ、ココア、チョコ中止(1日1~2杯程度は問題ないというが)、十六茶、爽健美茶、麦茶、ジャスミン茶はOK。デカフェ(カフェイン抜きコーヒー)もあり。妊娠7週絶対過敏期まではなるべく避けた方がいい。
腹痛継続。

2017.3.14 ホワイトデー。クッキーを焼いて渡す。
婚約指輪(候補:ハリーウィンストン、リュバンドゥシャネル、ポンドゥパリ等)を選び始める。育休取得を考え始める。
2017.3.19 都内へポケモンしにいくといいつつ婚約指輪下見。ショーメのプリュム マルチ ソリテールに決定した。

指輪のサイズが7、8、9号で悩む。サイズがわかっていても指輪により合う合わないがあるらしく、購入してプレゼントした後にサイズ直しするのが一般的とのこと。大体相場は20万位でティファニーとかが多いかもと。

2017.3.20 ママの腹痛継続中。まだ胎嚢、心拍未確認。流産が7人に一人の確率のため心配になる(流産の原因は胎児が8割)。
出血があると流産の確率、子宮外妊娠の可能性が高くなる。
2017.3.22 ママ空腹時に気持ち悪くなりはじめる。多分つわり。
つわりの対処法は人によりけり。バナナ(中のビタミンB6)や生姜とはちみつドリンクが効くというが効果なし。
炭酸飲料(生姜をカマせてジンジャエールがいい)が意外と効果あり。結局薬(ガスモチン)に頼る。フルーツが比較的食べやすいみたい。
親や周りに妊娠がバレ始める。
2017.3.25 婚約指輪を渡す。つわりは継続。茶色のおりもので不安に→その後改善。
2017.3.30 ママが自分の両親に妊娠の報告。
2017.4.8
3ヶ月目
妻の両親にスーツを着て挨拶に行く(妻の実家へ)。つわり継続中、嘔吐有り→9月までは続くが今がピークぽい。
2017.4.27 妊娠届提出し、母子手帳を貰う。このときに検診で使う助成券をもらえる。

婚姻届を貰いに行く。ママは現在の住所地の役所で転出届を予めもらっておく。

2017.6.4
5ヶ月目
妊娠5ヶ月目の最初の戌の日なので、安産祈願に川越氷川神社へ。初穂料は5000-10000円目安。腹帯はママが用意。
2017.6.18 ディズニーランドへ。妊婦は入口に近い駐車場に止めることができる(駐車場入口で妊婦であることを伝えると誘導してくれる)。
妊婦はゲストアシスタンスカードというファストパスよりも効果のある特典を利用できる。
ゲストアシスタンスカードはその時の待ち時間が30分なら30分後にくればファストパスと同じような感じで乗車可能。
ファストパスと併用は可能なので、両者を使えば効率的に回れる。ただし、妊婦が乗ってはいけないものも多数あるので注意。
2017.7.1
6ヶ月目
検診で逆子と言われるがこの週なら大丈夫とのこと。逆子体操はじめる。
便秘と下痢がちょこちょこ起こり始める(妊婦は起こりやすいらしい)。
2017.7.11 Apricaのオプティアをかなり安く購入する。新品にこだわらなければメルカリだと2万とかで買える。
Aprica (アップリカ) オート4輪ハイシートベビーカー オプティア

2017.7.29 性別が女の子とわかる(エコーにて)
2017.8.15
7ヶ月目
婚姻届提出
2017.8.28 ママ妊娠中のあばらの痛み。背中肋骨痛み。息苦しさあり。
2017.9.18
8ヶ月目
結婚指輪購入(AFFLUX Grand Blue 私のオアシス)
2017.9.24 ママ腹痛始まる。この頃から前駆陣痛?と思ってしまう腹痛は度々最後まで起こる。
2017.10.5
9ヶ月目
検診で臍帯の血管を3本確認。この時点で2170g
2017.10.18 妊娠36w、臨月突入。推定体重2700g



西松屋でベビー布団、沐浴バス、洋服とか購入
ベビー布団は1万くらいしたが結局使わず、買わなくても良かったと後悔、隣で一緒に寝てるので。

沐浴バスは1000円未満のもので十分。なるべく小さいのがいい。自分は最初少し使っただけでその後は使わなかったので買わなければよかったと思っている。
2017.11.9
10ヶ月目
チャイルドシートを購入。
コンビ Combi チャイルドシート クルムーヴ ISOFIX (新生児~48ヶ月頃まで対象)

Amazonファミリーのキャンペーンで34800円にて購入、うち1万円は町の助成にてカバーするので実質24800円。

最初アップリカを買おうと思ったが実機を触ってみたら操作しづらいし、場所は取るし、重いしで、最も軽快に動作して使いやすいこれを選ぶ。
サンバイザーはついてないけど車の窓スモークあるしいらないと思う。
ISOFIXのみ対応なので、対応車でない人は購入注意。対応していればこれほど便利なものはない。
ちょこちょこ車に付け替えているが取り付けは2,3分で終わる。

2017.11.11 おむつ処理ポット、体温計、ミルトン、哺乳瓶他購入
コンビ Combi 紙おむつ処理ポット 強力防臭抗菌おむつポット

母乳とミルクだけの場合はあまり臭わないので、うんちだけ捨てるのに使用。においはもれないのでいいと思う。

AngeSmile(アンジュスマイル) 非接触赤外線デジタル温度計

体温と室温をはかることができる。誤差は少しあるんだろうが、ほぼ正確なので十分使える。

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠

ミルトン 専用容器

ミルトンは産婦人科に入院中にも使っていた。この容器がなにげに使いやすい。液体もあるがタブレットのほうが楽。少し塩素臭が残るのがきになるようなら煮沸かな。

ピジョン Pigeon 母乳実感 哺乳びん 耐熱ガラス製

哺乳瓶は容量と素材で選ぶ感じ。容量は200mlで今のところ十分。素材はガラスでもプラスチックでも好きな方を。

2017.11.13 腹痛悪化、おしるし度々あり。
2017.11.15 午前中検診。午後痛みで動けず。8分おきくらいに陣痛→入院→21:49分出産

身長:51cm、体重:3460g

入院中~退院後にすること、助成金

下のスケジュールに合わせて進行する。

パパは分娩当日だけは宿泊できるが、赤ちゃんは当日の夜は別の場所で管理されていて、翌日対面ということになる。翌日からほとんど寝れなくなるので、その日は寝ておくことが望ましい。

最初はおっぱいが上手く出ないので、ミルクを併用することになる(大体1回20ccとか)。この作業はパパにもできるので、おむつ交換と合わせてパパの2大仕事となる。

入院中の洋服、タオル、哺乳瓶、粉ミルクは用意してくれるので、入院中に買い揃えても問題はない。上記で紹介したもの以外でリスト化すると、

  • 洋服・・・短肌着と長肌着orコンビ肌着の重ね着がデフォなんで、これらを4セットくらいはほしい。加えて外行き用に足まで覆うカバーオールかツーウェイオールを1,2着買っておく。サイズが50から10刻みであるが新生児は50。
  • 靴下、手袋・・・冬はあってもいいしなくても困らない
  • タオル・・・大人が使っているバスタオルが何枚かあれば十分
  • おくるみ・・・個人的にはバスタオルでいいと思っている
  • 綿棒・・・100均一で十分。へその緒がとれるまでの消毒とか、目やにとかとったり、耳掃除したり色々と
  • 爪切り・・・結構爪伸びるので必要。ハサミタイプがいいと思う
  • 哺乳瓶をあらうスポンジ・・・100均
  • ガーゼ・・・沐浴でびっくりしないようにお腹に載せるというが自分はその際使わず。ミルクを上げる時こぼれないようにとか口を拭くときとかに使うがティッシュでもぶっちゃけいい。つまりティッシュでも代用可能ということだ
  • 沐浴バス・・・自分は直接湯船をバスとして使うので不要だが、普通は必要
  • おむつ・・・新生児用が売られてるのでこれを購入する。1月200枚以上は使う。パンパース、ムーニー、メリーズ、グーンと色々ある。初期は母乳とミルクしか飲まないのでかぶれにくく量も少ないので比較的なんでもいける。問題は成長してから。パンパースのさらさらでない方のが人気だけど高い。
  • おしりふき・・・必須。箱買いしておくと良い。
  • ケトル・・・ミルク使う人は必須
  • 粉ミルク・・・なんでもいい。自分ははぐくみをつかってる。レスキューとしてタブレットも何個か用意

あと、以下2つも入院時に必要だと気づいたので購入

白井産業 日本製 のっけて授乳クッション カラードット ミルクティベージュ

World Zakka 高反発 円座クッション ドーナツ型 クッション 痔 産後 ブラウン

4日後に退院。退院までにチャイルドシートを用意しておく。

退院時に出生証明書を渡されるので、それを役所に持っていき、出生届を提出する(14日以内)。
出生届を提出する時に合わせて、板倉町の場合は、

  • おむつ給付申請書・・・0歳児一人につき24,000円
  • チャイルドシート助成申請書・・・1万を上限として半額
  • 児童手当申請書・・・年3回(6、10、2月)支給、3歳未満15,000円、3歳~中学生10,000円(3子以降は小学まで15,000円)
  • 子育て支援金申請書・・・出産時30,000円、小学校入学時30,000円(両方共に2子は4万、3子は6万)
  • 医療費受給者証の申請・・・板倉町では中学3年まで一部負担金は無料。高校生は入院費用のみ無料。
  • その他・・・保険証は会社に名前生年月日性別を伝えて申請、マイナンバーは出生届け後何日かしたら届く。

を提出した。

入院費用は合計513,980円かかった。うち42万は医療機関で申請した出産育児一時金でまかなえるので、超過分の9万3980円が自己負担となった。
出産一時金非課税、医療費控除の対象となる。

給付金について

産休、育休中は、一般に健康保険に1年以上継続して加入していれば給付金をもらうことができる。
出産手当金は国保の人はもらえないとか、育児休業給付金は育休前2年間に11日以上働いた月が12ヶ月有りかつ、雇用保険に加入していて休業後職場復帰の予定があることなど、細かい条件はいくつかあるので要確認。

  • 出産手当金・・・日給×2/3×産休で休んだ日数。勤務先申請
  • 育児休業給付金・・・月収の67%(180日まで、上限285,621円)、月収の50%(181日~365日、上限213,150円)。勤務先申請。出産~1歳になるまでの1年がデフォ、この間一度職場復帰してまた育休に戻ると最大1歳2ヶ月まで延長可能

年収600万円(ボーナス、残業他含む、税引前)の人は、12で割った50万円が標準報酬月額となり、育休中は育児休業給付金としてその67%である約33万もらえる計算になるが、上限があるので実際は約28万となる。
出産手当金は申請後1~2ヶ月後、育児休業給付金は最初の支給は3ヶ月後、それ以降順調に申請していれば2ヶ月毎に振り込まれる。

育児休業給付金は非課税であるため、社会保険料(保険、年金)及び税金(所得税、住民税)は免除される。ただし、住民税は1年遅れで支払うので育休期間中は支払いが発生し、翌年の分が控除される。

労働基準法第39条第7項より、

  • 産前産後の休業期間(労働基準法第65条に定められた産前6週間、産後8週間の期間)
  • 育児休業の期間
  • 介護休業の期間
  • 年次有給休暇を取得した期間

の期間は出勤したものとして計算される。

育休期間中は月に10日以下、または10日を超える場合、月に80時間以内を満たせば就業することができる。ただし、支払われた賃金が休業開始時賃金の30%を超えていると減額、80%を超えていると不支給となる。
また、これらの就業はイレギュラーであることが必要であり、シフトに予め組み込んでおくことは認められないらしい。

育休期間中(退院時~1ヶ月まで)

1ヶ月目までは特にイベントごとはないので、生活リズムを慣らすことに集中する。

母乳、ミルク

母乳とミルクを併用することが可能ならば(どちらかを嫌がる子もいるので)、なるべく併用させたほうが楽だ。
日中は母乳メイン、夜間はお腹がすきにくいミルクにすることで、パパも協力できるようになる。ただし、ミルクばかりにすると便秘しやすいデメリットがあるので、それが原因で泣くというジレンマが起こることもある。

そうした場合や、母乳だけで育てたい要望があるときは、以下の搾乳機で搾乳しておき、夜間はそれを温めてのませるという方法もある。

ピジョン Pigeon さく乳器 母乳アシスト 電動 スイッチひとつで簡単にさく乳したい方に

この搾乳機は電動ですが、手動もある。ただ、手動は大変なので正直電動がいいと思う。片付けがめんどいのが難点くらいかな。
これを買うともれなく哺乳瓶もついてくる(プラスチックだけど)ので、哺乳瓶を欲しい人がついでに買うという購入の仕方もある。

寝かしつけ

寝かしつけがなによりも重労働

ユラリズム

自動で揺れる電動器具。定価で買うと高いので、定価74,800円のところ、メルカリで29,000円で購入。


赤ちゃん本舗で試乗りしていたにも関わらず全く寝ない。
近くにいればまだいいが、遠くに離れるとぐずり始める。付属のオルゴールも効果はなし。Youtubeのオルゴールももちろん効果なし。

バウンサー

これは自分で揺らす器具。12,000円くらいで購入。
元気な赤ちゃんなら自らが動いて揺らすことが可能。でも新生児はもちろん無理。

軽くて持ち運びしやすいので結構便利。

クーファン

取っ手付きのカゴの中に布団が入っていたり、分解して布団にもなる多用途のなんだかわからない代物。

小さいうちは、意外と利便性があり、ゆらゆら揺らしてあげたりするとそのまま寝てくれたりする。
ベビー布団買うならこれでいいんじゃ?と現時点では思っている。

入浴・沐浴

動画にある通り、生後間も無くして沐浴バスは使用しないことにした。

スイマーバは馬鹿にしてたけど結構気に入ってくれているので、全身を温めてあげたいときにはあると便利。抱えてるとお腹が浮いてきちゃうので。

育休期間中(1~2ヶ月まで)

首すわりの練習

2ヶ月経つと首すわりの練習をし始めるらしい。検索すると2ヶ月目には大分顔が上がっている子もいるのでうちは遅い方なのかもしれない。

気分がいい時にトレーニングさせている。

予防接種

上記スケジュール(画像引用:日本小児科学会)より、1回目の接種は4種類。

  • 肺炎球菌・・・不活化で足に注射
  • Hib・・・不活化で右腕に注射
  • B型肝炎・・・不活化で左腕に注射
  • ロタ・・・生で経口摂取。自費で費用は16,000円と高額

次回は1ヶ月後に、上記の2回め+4種混合の予定。

皮膚症状

頭に脂漏性皮膚炎(皮膚落屑を伴う)→ひとまずオリーブオイルでふやかして、洗髪時に取ることで対処、4ヶ月超えて続くようなら抗真菌薬を考えざるをえないか・・・。

体、腕、足にかさつきを伴いやや赤みあり→ヒルLo+ステロイドで対処、市販のワセリンも検討

顔はミルク荒れで口の周り荒れている、たまに頬とかおでこに湿疹出現だがひどくはない。→繰り返しやすい部位なのでよっぽどひどくなければヒルドイド。

目は目やに→抗菌目薬

首がすわっていないので首が通気されないため、湿疹→繰り返すのでワセリンかヒルドイド。広がってきたらステロイド

2018年1月8日10:32 PM | カテゴリー: 体験記 | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。