iphone6sのバッテリー(電池)交換の手順

iphone6sのバッテリー(電池)交換の手順

iphone6sを使い始めて丁度2年。

電池の減りが早いので、アップルに電話したところ、バッテリー診断は問題ないとのことで、設定からモバイルデータ通信とか通知を必要ないものをOFFにしたり、再起動してみたり、バックアップをとったあとに初期化したりしたけど改善しないので、バッテリーを交換してみることにした。

この時期はちょうど、動作が遅くなる保証としてバッテリー交換費用半額キャンペーン中だったのもある。

バッテリー交換はソフトバンクに行ってもしてくれないので、アップル代理店に直接持っていくか郵送するかの2択を迫られることになる。

そして、これをするためには下記サイトにて予め予約を取っておく必要がある。

アップルサポートへの問い合わせ

カメラのキタムラへ

アップル代理店は少なく、首都圏に集中しているので、田舎住みの人には不便である。

予約は1週間先まで大抵は埋まっていることが多いけど、比較的キャンセル待ちが多いので、ちょこちょこみているととれる。

自分は家から1時間40分かかけど駐車場があるイーアスつくばのカメラのキタムラで予約した。

予約時間にキタムラへ行き、iphoneを渡して、iphoneを探すをオフにしろといわれ(この時アップルパスワードが必要)、書類に書き込んで、20分後にバッテリー交換が終わった。
バッテリーが店頭にない場合もあるので最悪また足を運ぶかもしれないことを頭に入れておく。
この時データは初期化されるので、どこかにバックアップ(icloud or pc)をとっておくこと。

費用はキャンペーン中なので3240円+税

修理が終わると修理証明書的なものが渡されるので、隣のソフトバンクに持っていって、あんしん保証パックに入っていたので、8割償還の手続きを行う。なので交換費用は650円+税ほど。
この手続に30分かかった。
あんしん保証パックは半年に1度しか使えない。
償還は月々の支払いから差っ引かれる。

その後の動作

バッテリー診断アプリでは今までレッドゾーンで警告が出ていたのが回復し、バッテリー容量の100%の使用量まで充電できるようになった(今までは7割とか)。

バッテリーの減りの速度は実のところ劇的に改善したような実感はない。
GoogleplayMusicをかけながら、1時間半電源落とした状態で自転車で走っていると、今までは1%になることが多かったところ、今では50%とかで済むようには成っている。
Max量が大きくなったからもちはいいのであろう。

もうしばらく使ってみて様子を見たい。

追記(2018.2.13)

GoogleMusic連続使用のときはそんなに実感なかったが、1日自転車でちょこちょこGoogleMap使用で動いていても40%くらいしか減らなくなっている。劇的に改善したといえるであろう。

2018年2月8日6:01 PM | カテゴリー: 体験記 | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください