nkdesk.com

Windows8の記憶域とRAID

今更だけどRAIDの構築をしたことがなかったので、HDDもいくらか余ってるしやってみることに。

マザーボードの説明書(ASUS P8H77-V)には、RAIDの設定方法が下記のように書いてある。

この方法はハード上(BIOS)でRAIDの設定を行う方法で、OS上で設定するソフトウェア的なRAID設定とは区別される。

この説明書に従ったハード上のRAID構築をするためにはフロッピーディスクを使用してRAIDディスクを作成しておく必要がある。すなわちフロッピーを入れるフロッピードライブ(USBでもOK)が別途必要になる。

わざわざそのために購入するのは少しめんどくさいので、少し調べてみると、どうやらWindows8は記憶域なるものを実装できる機能があり、これがRAIDと同様な機能を有するということがわかったため、OS上、つまり、ソフトウェア上でのRAIDの構築を試すことにした。

大まかな違いは以下。

  • ハードウェア上(BIOS)・・・RAID0は全く同じHDDを用意しないといけない。RAID1にも既存ドライブ以上の記憶容量が必要など制約がある。
  • ソフトウェア上(OS)・・・HDDやSSDの型番や容量関係なく構築できる。仮想的にドライブを実装しているので後からドライブ容量の追加ができる。

(さらに…)

2014年9月29日3:56 PM | カテゴリー: コンピューター | コメント(0)

PCの故障メモ1

PCの電源を入れようとしたらバチッっとなって(手に電気ダメージを受けなかったので静電気ではないかと)、電源が入らなくなってしまった。

こういうトラブルには慣れているので、セカンドPCにSSDとグラボ、メモリを移植して個々の部品にトラブルがないかを調べる。

ここで予定外のアクシデント、メモリーエラーが発生。メモリが互換性試験に合格していないのでつかないということ。仕方なく合格しているメモリを付けて動かす。

ここで新たな発見。セカンドPCはHDDだったんですが、SSDに変えた途端、Windowsの起動速度が飛躍的にアップしました。ここまでの差があったとは。。。


(さらに…)

2014年9月11日10:41 PM | カテゴリー: コンピューター | コメント(1)

乱視の人の夜間雨天時の見やすさ

夜間の雨が降っている時に、水はけが悪く、白線の色が薄い道路を車で走っていると、白線の色が道路と一体化してしまって見えづらい。

これは乱視が強い人に起こるらしく、雨の水でライトの光が乱反射してしまうかららしい(未確認)。

乱視の度数は、0.25から0.25単位で区切られていて、1.00以下はさほど気にする必要なしレベル、2.00で乱視が強いねレベルらしい。私は4.00なのでかなり強いレベルだ。

今のメガネの度数は、R(S:+0.25、C:-3.00、AX:180)、L(0.00、C:-3.50、AX:2)→ S Spherical 球面度数 近視、遠視、老眼の度数 、C Cylinder 乱視度数 、AX Axis 乱視軸

このレベルになるとメガネやコンタクトだけでは矯正しきれないし、眼科やメガネ屋でも合うレンズが置いてあるはずもなく、必ず特注になる。

乱視が強い人がどうすれば雨天時により良い視認性を確保できるかを考えてみたら、

  • より乱視を矯正できるメガネorコンタクトにする
  • 車のライトを変更する

素人にはこれくらいしか思いつかない。

(さらに…)

2014年9月3日5:38 PM | カテゴリー: 体験記 | コメント(0)

Windowsのリモート設定

Windowsのコンピューターアイコンを右クリックもしくはコンパネからシステム→リモートタブを選ぶことでリモート設定をいじれるようになる。

GoogleDriveやOneDrive、iCloudを始めとしたクラウドストレージサービスが普及するにつれて、個人がリモート操作をする意義がやや薄れてきているように思います。

しかしながら、ある任意のPCにしかインストールされていないアプリを使用しなければならない時に(自分の場合、勤怠管理システムでシフトを作る場合)、そのPCといつも使ってるPCをいちいち移動しながら作業するのがめんどくさいので、いつも使ってるPC上で他のPCを操作したいとか思うこともあるかと思います。(いあ、ないか)

というわけで、改めてリモート設定について整理する。

以下2つのサイトのフォローをする形で解説するので、詳細は以下のリンクへ。

(さらに…)

2014年8月31日9:32 PM | カテゴリー: コンピューター | コメント(0)

ホームグループとワークグループ

WindowsXPの時代、ファイル共有・プリンタ共有といえば、ワークグループの一択であった。

ところが、Windows7からホームグループというワークグループと似た共有ネットワークができたことで、Microsoft的には使いやすくしたのだろうが、入り口が増えたことも相まって、ユーザーは逆にどちらを使えばよいか迷ってしまい余計こんがらがることになるのではないだろうか。

そこでググルと下記サイトが出てくる。

(さらに…)

2014年8月28日11:50 AM | カテゴリー: コンピューター | コメント(0)

3 / 1512345...最後 »